メキシコは本当に治安が悪いのか?メキシコ人から学ぶ心構え

Pocket はてブ

「メキシコに留学していました。」と話すと、次の返しは決まってこうです。

「治安とか大丈夫なの?」

 

仕方ありません。日本で流れているメキシコのニュースは「麻薬」「不法移民」「マフィア」「惨殺」「誘拐」「強盗」など、おどろおどろしいものばかり。正直悲しいです。私の見たメキシコは、溢れんばかりのエネルギー、カラフルな街並み、かっこいい遺跡、美味い食べ物、安い果物がとても魅力的な国だったから!

治安が悪いというメキシコのイメージを覆すため、今回はメキシコで安全に暮らすための「メキシコ人」の掟をお教えします。

 

メキシコ人から学ぶ、安全に過ごすための掟とは

今回ご紹介する「メキシコ人」の心構え5つは、すべてメキシコ人が実際に注意して生活していることです。簡単にいえば、時間、場所、場合のTPOをわきまえるというだけ。メキシコに限らず、旅人ならどんな場所でも応用できます。

 

め・目を離すな貴重品

unnamed

photo by Iku

貴重品の管理には、常に気を配りましょう。カバンはチャック付きのものでしっかりと閉めて、中身を見られないように。日本ではやりがちですが、机の上にスマートフォンや財布を置きっぱなしにすると、目を離した隙に一瞬で盗られます。

また、車の中であっても外から見えるところに荷物を放置すると、車上荒らしに遭います。極力車にものを置いて出るのは避けるか、トランクにしまいましょう。

 

そして、ブランド品の所持、スマートフォンのながら歩きはスリや強盗の格好のターゲットとなります。電車のホームでiPhoneを鞄のポケットにしまった直後、それを見ていたスリに満員電車で盗られた、という話もありました。

 

き・危険な場所に近づかない

lgf01a201501182200

photo by iwpkommunikacio

メキシコが危険なのは、麻薬組織の縄張りや暴力行為が存在するから。

なので、治安の悪いと言われる地区や場所にわざわざ足を踏み入れたり、土地勘がないまま裏路地や暗い道などを歩いたりするのは自殺行為です。うっかり迷い込んでしまい、やばいかもと思ったらすぐに引き返しましょう。

 

「危険な場所」の定義は様々ですが、現地の人や詳しい人に、自分が行く・住む・生活する場所についてあらかじめ話を聞き、止められたら素直に従いましょう。

例えばメキシコシティーでは、バスターミナルや空港周辺が、治安が悪いと言われていました。

ただしこれらの施設を使わないわけにはいかないので、どうしても必要があって行く場合は、トラブルが起きた時に交渉能力がある現地の人についてもらいましょう。ちなみに、デモなどの集会に外国人が参加することは法律で禁じられているので、注意が必要です。

スクリーンショット 2016-02-01 15.07.53

 

し・しつこいナンパにご用心

shutterstock_350563409

photo by shutterstock

情熱的なメキシコ人男性は、すぐguapa(美人), bonita(きれい),linda(かわいい)と言った甘い言葉でナンパしますが、女性を褒めるのが習慣なのでスキを見せないこと。残念ながら世界では「日本人女性はチョロい」というイメージがあるそうです。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

Iku
都内大学3年生。メキシコに1年間留学してました。 旅した国: メキシコ・アルゼンチン・ウルグアイ・カナダ・アメリカ・韓国・タイ・オーストラリア・シンガポール・インドネシア・イギリス・スペイン…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

スペイン語留学

FEATURED特集

特集一覧へ