世界制覇しよう!海外旅行先で集めたい10種類のお土産

Pocket はてブ

こんにちは!ちゅうやんです。皆さんは旅先で、何か記念に残るものを買いたいなぁって思うことってありませんか?一度買えば次に旅行に行った時も集めてしまい、いつの間にかコレクションになっている人もいるかもしれません。

私自身も旅先で必ずポストカードを買っているのですが、世界一周中に買ったポストカードは帰国後数えてみると170枚でした。これも大切な旅の思い出です!今回は手軽にコレクションできるものから、バックパッカーには厳しいかもしれないけど集めてみたくなるお土産コレクションをご紹介します!

 

ポストカード

11694102_982726655117599_7867703627058144550_n

photo by Misaki Naka

一番コストが安く、荷物にならず、どんな国でも販売されているため、集めている人も多いのではないでしょうか。ポストカードにもお国柄があり、コルクの生産が盛んなポルトガルではコルク生地のカードが売っていたりもします。

ポストカードを見ながら、この絶景ポイントはどこなのかを探して街歩きするのも楽しいですし、旅先から日本へカードを送れば切手や消印も合わせてコレクションできちゃいますね!

予算:30円〜200円
手軽さ:★★★★★

 

ピアス

11825970_980981788625419_3836115640945446680_n

photo by Misaki Naka

小さくて場所を取らない上に、自分だけでなく友人へのばらまき土産にもなっちゃうピアス!日本で買うよりも断然安く買えちゃいます。

南米ではインディヘナの女性が身につけている、伝統的な織物「アワヨ」の柄を使っていたり、モロッコやトルコではファティマ(お守りの手の形)をモチーフにしたものや、アルミ製のエキゾチックなピアス、タイでは象など、普段使いできる可愛いものばかり!

 

その国ならではのピアスをコレクションしたいですね。旅中もオシャレを楽しみましょう!

予算:80円〜200円
手軽さ:★★★★★

 

ピンバッジ

ヨーロッパではピンバッジの歴史が古いためおしゃれでセンスのあるピンバッジをよく見かけました。お土産屋さんはもちろんのこと、蚤の市でアンティークな掘り出し物が見つかるかもしれません。

国によっては手に入らない可能性のある場所もあるかもしれませんが(アジアやアフリカ等)、ピンバッジの魅力は何と言っても小さくて荷物にならないところ。

 

バックパックに付けたり、帰国後はコルクボードや世界地図に飾ったりと、見せ方も楽しめますね。「ピンバッジ」は日本独特の言い方なので、お店で尋ねる時は「PINS(ピンズ)」を使いましょう。

予算:200円〜600円
手軽さ:★★★☆☆

 

マグネット

11825586_982473468476251_4155542182906066485_n

photo by Misaki Naka

ポストカードに次いでコレクターが多いのではないでしょうか?ほぼどんな国にもあるお土産の定番です。国旗から食べ物、観光名所など種類も多いため、どれにするか迷っちゃう!その国を表す形が多いので、何が有名なのかも一目瞭然。

数が集まると意外に重さが出てくるので、長期旅行の場合お土産と一緒に日本へ郵送しちゃいましょう。

予算:100円〜500円
手軽さ:★★★★☆

 

国旗のワッペン

10544420_10152254120831641_3549746818304220295_n

photo by Ayumi Hara

バックパッカーならぜひとも訪れた国のワッペンをコレクションしていきたい!バックパックに縫い付けている旅人もよく見かけました。「この国、どうだった?」「私もここに行ったよ!」など、旅先で話のネタになること間違いなし!

旅の軌跡を残してみてはいかがですか?ただし裁縫技術は身につけていきましょう。

予算:200円〜700円
手軽さ:★★★★★

1 2
Pocket はてブ

WRITER

中 美砂希
中美砂希
心配性でも世界一周
三重県出身。大学卒業後7年半神戸の旅館で勤めたあと、世界一周のために退職。枕が変わると寝れない・方向音痴・語学ができない・とにかく心配性の自分でも世界一周ができることを証明するため、9ヶ月の旅に出…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

買い物

FEATURED特集

特集一覧へ